農業生産活動

食の安全が問われる現在だから・・・

おたに家では店でお出ししているメニューや、販売品などのほとんどを自家生産しており、お客様には常に安全で安心な商品をお届けできるように心がけております。

有機栽培について

スーパーや農産物直売所等でよく目にする「有機農産物」とはいったいどういう農産物なのでしょうか。「オーガニック」「無農薬」「有機栽培」の違いは何でしょうか。
オーガニック(organic)の和訳は「有機の」という意味です。有機(物)とは無機(物)の対義語で「炭素」を含む物、生物だけが作り出せる炭素の化合物という分類で使われる言葉です。簡単にイメージするなら「焦げたり腐ったりする物」という捉え方で良いかと思います。農業における「有機」は主に肥料に使われる「堆肥」を指します。「堆肥」とは微生物の力で有機物を完全に分解した物で、原料は様々です。おたに家では、“尾谷”地区の集落協定で生産された「牛糞完熟たい肥」を主に使用しています。このようにオーガニックと有機栽培は同じ意味の言葉なのです。
オーガニックや有機栽培を名乗るために設けられている基準は国によって異なります。日本では食品に関しては農林水産省が基準を設け、それを満たさないと「オーガニック」「有機栽培」という表示ができません。基準は細かく設定されていますが、現在の日本では有機JAS制度で「有機農産物」とされる大まかな定義は以下の通りになります。
  • 化学的に合成された肥料および農薬を使用しない。
  • 遺伝子組換え技術を利用しない。
  • 播種(はしゅ)または植付け前の2年以上の間、有機肥料での土づくりを行った田畑で生産されたもの。
また、有機農作物の定義で「化学的に合成された肥料および農薬の使用を避ける」とあるため「オーガニック=無農薬」という認識を持たれやすいのですが有機認定される栽培方法の中で農薬の使用自体は認められています。同じ働きをする農薬でも、天然原料によるものはOKで化学合成されたものはNGという考え方です。微生物を有効成分とする殺菌剤など、「有機」表示のできる農薬が指定されています。
では、無農薬とはどういうことでしょうか。消費者からの「『無農薬』の表示は残留農薬がないとの誤解を与える」、「『減農薬』の定義が曖昧で分かりにくい」といった意見を踏まえて、農水省は消費者の誤認防止を目的とした「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」を作りました。
そのなかで「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」の語は、消費者に優良誤認を招く可能性があるため、原則的に表示が禁止されています。
おたに家では、農業生産に由来する環境への負荷を低減し、消費者へ安心・安全な農産物を届けるため、平成27年に有機JAS認証を取得しました。私たちは、田畑に生える雑草や、飛び回る虫たちも、すべて農作物のために存在している、と考え少々のことは“気にしない”ことにしています。
おたに家のある「尾谷」地区は、日本棚田百選に認定された「栃(とち)又(また)棚田(たなだ)」の中心を形成する景観のよい田園地帯です。私たちは、ふるさと高千穂が2000年後も山青きふるさとであり続けていることを願って農業に勤しみたいと考えています。

※宮崎県には有機JAS認証機関が設置されていないため、近隣の熊本県で認証審査を受けています。
※一部、「マイナビ農業」の記事を引用しています。

標高800mの高地栽培・無農薬蕎麦

 おたに家のソバは昔からソバ処として名を馳せた標高800mの高千穂町五ヶ所高原で自家生産しています。その実は石臼で挽いており、かおり・味共に他の有名産地に負けない自信があります。
 高千穂も含めた山間地域での農業は有害動物との闘いでもあります。おたに家では電気柵を張るなどして大事な作物を守っています。
 店のそば粉もメニュー「神楽そば」もこのソバを使用しています。五ヶ所高原のそばを是非一度ご賞味下さい。

安心・安全 高千穂産ハトムギ


 色々な効能で注目を集めるハトムギ。外国産が多くを占めるなか、おたに家では安全・安心にこだわり高千穂の地で愛情をこめて育てています。
 おたに家では高千穂産にこだわった「桑の葉」「よもぎ」などの薬草類と高千穂産ハトムギをブレンドして作る健康茶を開発中です。

棚田百選の米 「おたに米」

 日本棚田百選に選定された「栃又棚田」の中心部を形成する「尾谷」で創られるおたに家の「おたに米」は、高千穂の気候や水に育まれた自慢のお米です。
 尾谷地区共同開発の完熟堆肥「棚田に元気」を使用、堆肥からこだわっています。

その他 小麦・椎茸など

 他にも小麦や椎茸など生産しています。 椎茸はこれから栽培数をどんどん増やしていく計画です。